3食きちんと摂るためには次の食事の事を考えて食べることが大切

欲しい物はお金を出せば大体手に入る世の中ですが、お金に変えられないものって健康だと思います。
サプリメントを買って健康維持に努めている方も多い時代ですが、やはり本当の健康とは日ごろの習慣で左右されるものです。

毎日、規則正しく生きるのが健康の基本だと思いますが、私の場合、特に3食ちゃんと食事を摂ることが毎日のパワーの源で、それが朝起きてから寝るまで健やかに過ごす秘訣だと実感しています。朝起きてすぐに食欲がなくても、時間をおいてからでもいいから朝食を食べることによって、お昼頃になった時に適度な空腹感を感じ、昼食を適度な量に抑えることができます。

朝何も食べていないとお昼に近づくと急激に空腹感を感じませんか。そして、昼食を食べ過ぎてしまい、体が重くなり動きたくなくなるので、その後の活動に支障が出てしまいがちになります。

もちろん夕食もです。夕食が1番のごちそうだという方が多いでしょう。美味しい物ばかりでついつい食べ過ぎてしまいそうですが、そこは我慢して食べ過ぎないことが大切です。食べ過ぎて眠くなり、そのまま寝てしまい朝を迎えてしまえば、次の日の朝に食欲がないといことになりかねません。食べ過ぎが次の食事に悪影響を及ぼしてしまうため悪循環となってしまいます。

何でも腹8分目がよいと昔の人は言いましたが、本当にその通りだと思います。食べ過ぎで胃腸を疲れさせてしまい、食事のリズムを崩してしまっては健康から程遠い体になってしまいます。次の食事の事を考えて食事を摂るということが健康作りに大切です。