人の体は食べたものからつくられる

「ダイエット」ときくと、サプリメントを口にしたり、フィットネスクラブに通ったり、色々と経済的、時間的負担を強いられそうだけど、わたしは毎日の暮らしの中に少しプラスするだけで体型維持できるようにしています。

第一には、時短ダイエット。
これはいたって実践しやすくって、例えば家事をしているときに、つま先は地面につけたまま「かかと」のあげさげで、足首やお尻に効く運動をやっています。
特に行う数は決めておらず、その時の家事が終了するまでやります。

あとは、腰かけている際には、膝の間に本を挟んでいます。
膝間が離れない綺麗な座り姿にもなるし、太ももの筋肉を使うことが出来てお得ですよ。
胴体部分はことのほか楽チンで、いつも猫背にならないように気を付ければOK。
そうするだけでも大違いです。

そして食べ物に関しては、なるだけ手作りしています。
コンビニ弁当なんかは、結局炭水化物や油物ばかりで、「野菜」は多くありません。
自分でフライなどの調理は厄介なので、そのおかげで少しは低カロリーな献立になります。
慣れるまでは面倒ですが、体の為にも、女性として向上するためにも、「自炊」するクセがつく事はメリットです。

いかがでしたか?却って経済的なダイエット法じゃないでしょうか。
美容術そして健康術として、頭を使ってスリム化をはかってみるのも一つの手ですよね。

自分自身が美容のために気遣っている事は食事です。
人間って食べた物で作られるというのはよく言われますよね。

私自身が一人暮らしをして会社勤めをしていたときはすごい食生活をしていたのです。
お昼は持ち帰り弁当、夕食はラーメンとかカレーライスなど一皿で済ませられる簡単なメニューが多かったです。

若い時は吹き出物がたくさんでき、お通じにも困っていたのです。
結婚を機に料理をきちんとするようになって食べ物の大切さが分ってきたのです。

一汁三菜、簡単に作れるものでしっかりと野菜をいれ朝昼晩の食事をバランスよく摂っています。
今まで試した事のない豆類、乾物の料理にも挑戦しています。

外食やコンビニを利用しない食生活にしてみたら色々と体に良いことが起こりました。
一番に吹き出物が少なくなり肌のつやも良くなりました。

お通じに関しても毎朝ちゃんとあるのです。
便秘気味なのは体質だと諦めていたので治って本当に嬉しかったです。

人の体は食べたものからつくられます。
美容の為を思ってこの先も健康的な物をしっかり摂って行こうという気持ちになりました。